人気の化粧品情報を集めよう|オールインワンジェルもチェック

皮膚のケアが必要な時期

女の人

乾燥肌をはじめとした様々な肌トラブルの対策となる化粧品や医薬品が次々と開発されています。それらを正しく使いこなす事が、より対策の効果を高める上で必要になっています。乾燥肌対策の基本となるのが、入浴後のケアです。原則としてお風呂上がり直後は水分が残り過ぎているため、化粧品の利用は少し時間をおいてからが推奨されています。目安としては10分後から15分後以内に保湿対処する事が良いとされます。更に露出が高い顔についても、定期的な対策が必要です。外出時以外でも洗顔直後に保湿成分を塗り、肌表面のバリア機能を維持する様に努める事が重要です。ただし効果のある成分であっても、使い過ぎは厳禁です。皮膚表面に余った成分が溜まる事で毛穴が塞がれたり、時間が経つ事で劣化した成分による肌荒れが起きたりする事で、乾燥肌がより悪化する危険性があるためです。用法や用量は必ず守る事が基本となっています。

また、四季をはじめとした環境に応じて正しい肌ケア対策を取る事が、乾燥肌をはじめとした皮膚のトラブルを防ぐために不可欠になります。発汗や紫外線による影響が強い夏場や、乾燥が強まる冬はもちろんの事、秋口も意外に油断できないシーズンだと言われています。秋口以降は夏場までの肌ケア方法からの切り替えを行う判断が必要となります。また涼しくなる事で水分摂取への意識が鈍りやすく、乾燥肌が進行しやすい点も挙げられます。あるいは夏場での冷房の使い過ぎや引っ掻き傷で、既にダメージを負っていた肌の症状が出始めるケースもあります。こうした事から秋の早い時期から、対策を講じる事が必要になってきています。乾燥した時期に起こりやすい静電気は乾燥肌のダメージとなるので、化学繊維の服装を避ける事が必要です。また屋内の湿度を一定にしたり、屋外で秋風に当たり過ぎない様な服装をしたりする事も有効となっています。またこの時期の入浴や洗顔では、皮膚を洗い過ぎない様にする事と、早めの保湿対策が特に求められます。